BUZZ

BUZZ

【2021年】有名ドラマ・映画に出てくる絶景20選!観光にも聖地巡礼にも

日本にはいつか絶対に行きたい絶景から、あまり知られていない絶景まで、さまざまな美しい風景があります。その中には有名ドラマや映画に使われた「どこかで見たことのある」景色も。そこで今回は、有名ドラマ・映画に出てくる絶景20選をご紹介します。観光に行くのも良し、聖地巡礼で回ってみるのも良し、作品と一緒に息を呑むような絶景も一緒に楽しみましょう! 山形県 銀山温泉(ドラマ『おしん』) 『おしん』のロケ地として知られるのが山形県尾花沢市にある銀山温泉。平均視聴率50%超えというお化けドラマ『おしん』の人気は世界中に広がり、70ヶ国以上で放送されました。主人公おしんを演じたのは東映マネージメント女優の小林綾子。 銀山温泉では大正末期から昭和初期に建てられた和モダンな建造物が軒を連ね、歴史情緒あふれる景観が楽しめます。粉雪舞う温泉街はまさに『おしん』の世界観そのもの。ガス灯に照らされた湯煙や、しっとりと濡れた石畳がどこかノスタルジックな感情を刺激します。アクセスは山形新幹線の大石田駅より路線バスで約40分。仙台駅からバスで行くルートもあります。 沖縄県 竹富島 西桟橋(映画『ニライカナイからの手紙』) 沖縄県石垣島からフェリーで10分のところにある竹富島は、沖縄の原風景が楽しめます。そんな竹富島にある西桟橋はマリンブルーの海に囲まれた桟橋。蒼井優の初単独主演映画にもなった『ニライカナイからの手紙』のロケ地にも選ばれました。竹富島の西桟橋は、主人公が手紙を投函するシーンで何度も登場しています。 青い海に向かって伸びる桟橋は、約105メートルの長さ、それはまるで、海の上を歩いているような気分になれるでしょう。実は、西桟橋はニライカナイからの手紙だけでなく、多くのCMやドラマのロケ地としても使われている有名な観光スポットです。 愛媛県 下灘駅(ドラマ『リバース』) 2017年に放送された、TBS系金曜ドラマ『リバース』。人気小説家、湊かなえの作品『リバース』を実写化したもので、藤原竜也と戸田恵梨香が主演を務め話題となりました。主演の他にも玉森裕太や小池徹平など豪華キャストが集結していましたよね。そんなリバースに登場したのが、愛媛県にある『下灘駅(しもなだえき)』です。 瀬戸内海沿いにある下灘駅は、鉄道ファンはもちろん、SNS映えスポットとしても有名。正直ヒューマンミステリーというより、青春ラブストーリーなどに使われていそうな雰囲気です。過去には人気ドラマHEROのロケ地や、CMでも使われています。 福島県 鶴ヶ城(ドラマ『八重の桜』) 福島県会津若松市のシンボルである鶴ヶ城。天守閣からは市内を一望でき、東北を代表する観光スポットとなっています。そんな鶴ヶ城で撮影された大河ドラマが『八重の桜』。本ドラマは2014年度の国際エミー賞テレビドラマ部門にノミネートされ、主役を綾瀬はるかが演じたことでも話題になりました。 八重の桜は新島襄の妻・新島八重の生涯を描いた作品で、鶴ヶ城が舞台になります。ドラマのタイトル通り、春には満開の桜が美しいお城です。お城自体も赤瓦が印象的で、どこから見ても壮観といった佇まい。実は市民公園にもなっており、地元の方からも親しまれています。 長野県 美ヶ原高原(映画『神様のカルテ』) 映画・ドラマ共に実写化され、人気を得ていた『神様のカルテ』は、実際の医師が執筆したことでも知られています。主演の栗原一止を櫻井翔が、栗原榛名役を宮崎あおいが演じました。そんな神様のカルテで舞台になったのが、長野県松本市の美ヶ原高原(うつくしがはらこうげん)です。